スポットライトのように、ピンポイントに音を届ける、

                     超指向性スピーカーHSS
 Hyper Sonic Sound---超指向性ピンポイント・スピーカー

  [HSSの2大特長] 「直接モード」と「仮想モード」  
スポットライトのように、ピンポイントに音を届ける、
「直接モード」
  反射音を利用して、リアルな仮想音源を聞かせる、
「仮想モード」
 
「直接モード」
普通のスピーカーと大きく異なり、超指向性で、あたかもスポットライトの光のように音を放射します。HSSスピーカーの表面グリルの背後にあるエミッターから、40〜50kHzの超音波が発生します。超音波は指向性が鋭い事でも知られています。その超音波に 可聴帯域の音を変調させて聞き手に届けます。HSSから出る音はビーム状ですから、方向を自由にコントロールする事が可能となります。狙った特定の領域や人物に向けてのみのサウンドを届けられます。
 
仮想モード
ビーム状のサウンドですから反射性が極めて強くはっきりと出ます。
この反射性の強さを利用して展示物やポスター、ディスプレイや天井・床などに反射をさせて、あたかもそこから音が出ているよう感 覚で仮想音源を提供できます。
 [HSSの応用例]
車の展示会などで多くの車が展示されます。あるハイブリット車のフロントガラスに向けて、そのハイブリットの説明だけをHSSから発信すれば、その車の前に来た時のみその説明を聞かせる事が出来ます。他の車には別なHSSから、説明を放送出来ます。
展示会でモニターディスプレイに、炭酸飲料をコップに注ぐシーンが流されています。そのディスプレイにHSSを向けて、「シュワー」といったサウンドを流せば、あたかもそこに実在するような感覚に捉われます。

美術館や博物館などの展示物の前で、数台のHSSを来場者に向けて配置します。あるエリアは日本語、次のエリアは英語、次はフランス語といった領域ごとに異なった言語の説明をお互い干渉せずに放送出来ます。

テレビ会議の相手音声はなかなか聞き取りずらいものです。そこで、相手映像にHSSを向けて、相手の音声を流すと、相手の映像と音声が一致して、リアルな感覚でテレビ会議が進行します。 指向性の鋭いHSSは、ハウリングし難いのも特徴のひとつです。
ショッピングモール等の大規模商業同一空間で、「エンドコーナー」の利用や「今一番押し出したい」商品のコーナーに 向けて、HSSを放送。他のコーナーに迷惑をかける事無く、集中的にセールスアッピール出来ます。
リラクゼーションや癒し空間の展示会場で、天井にHSSを向けて鳥の鳴き声を放送します。HSSをモーター等で前後左右に振ると、あたかも鳥が飛んでいるような感覚になります。

H450
仕様]
■超音波及びDSP処理   搬送周波数:可変式40〜50kHz  変調方式:ダイナミックキャリア
超音波エミッタータイプ:PVDF電圧フィルムデバイス

■オーディオ
入力インピーダンス:10kΩ  A/Dコンバーター:16bit  入力コネクター:RCA x 2
入力チャンネル:2(内部でmixされモノラル)    最大入力レベル:160mV(モノラル入力) 各80mV(Line L&R入力)
帯域:400Hz〜16kHz   最大音声SPL出力:85db@1kHz/1m(H450)


■電源
消費電力:最大100W   入力:100V〜240V AC 50〜60Hz   出力:48V DC 最大1.5A
■寸法等
88.2mm(D)x151.4mm(H)x311.1mm(W)(H450)  1kg(H450)

■オプション
マイクロフォンスタンド取付用金具(AKG 3/8"ネジ)  壁取付金具 等
 
■動作環境
使用温度:0℃〜40℃   使用湿度:0〜95%(結露なき事)
保存温度:0℃〜50℃   保存湿度:0〜95%(結露なき事)
 

HSS 水平指向特性
 

HSS 周波数特性
 
 

    ■
    □□□■■■■■
AVC Solution Company  BellTec
ルテックAVシステム株式会社は、音響・映像のプロフェッショナルとして、音響・映像・ビデオ会議に関する技術問題解決型カンパニーです。

Copyright (c) 2011 BellTec AV System Co., Ltd. All Rights Reserved.No Reproduction Without Permission.